山口祐一郎 “元カノ”涼風真世に懇願「やさしく殺して」

[ 2015年5月26日 14:25 ]

ミュージカル「貴婦人の訪問」製作発表に出席した(左から)涼風真世、山口祐一郎、春野寿美礼

 俳優の山口祐一郎(58)が主演し涼風真世(54)、春野寿美礼(42)と愛憎劇を繰り広げるミュージカル「貴婦人の訪問」(8月13~31日、東京・有楽町シアタークリエ)の製作発表が26日、都内のホテルで行われた。

 1964年にイングリッド・バーグマン主演で「訪れ」のタイトルで映画化された、スイスの作家フリードリヒ・デュレンマットの同名戯曲が原作。日本初演となり、山口は「10代の時は涼風さんと付き合っていました。作品だけと思うと残念ですが、愛していたんです。にもかかわらず、春野さんと結婚してしまった。いったいどんな目に遭うんでしょう」と、早くも役になり切ったように感情を込めて説明した。

 役との共通項を聞かれると、「愛憎の末、最後は八つ裂きですからね。似ている点を認めると、これまでせっかくコツコツと平和に生きてきたのにねえ。個人的には少ない方がいい」と苦笑い。かつての恋人への復しゅうに執念を燃やす役どころの涼風が、「己の正義に向かっていく気持ちは理解できる」と話すと、「やさしく殺してください」と頭を下げて懇願していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年5月26日のニュース