さらばミスター・スポック 米俳優レナード・ニモイさん死去

[ 2015年3月1日 05:30 ]

1966年放映の「スタートレック」に「ミスター・スポック」役で出演したレナード・ニモイ氏(米CBSテレビ提供)

 米ニューヨーク・タイムズ紙電子版などによると、人気SFドラマ「スタートレック」の「ミスター・スポック」役などで知られる米俳優のレナード・ニモイさんが27日、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のためロサンゼルスの自宅で死去した。83歳だった。

 ボストン生まれ。8歳で舞台に立ち、学生時代は演劇を学んだ。1950年ごろハリウッドに移って映画デビュー。66年に始まったテレビの「スタートレック」(当時の邦題は「宇宙大作戦」)でミスター・スポック役に起用され、一躍スターになった。

 テレビの「スパイ大作戦」や映画化された「スタートレック」にも出演。2013年に日本でも公開された「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が同シリーズでの最後の出演作品となった。

 共同電によるとオバマ米大統領は27日、「クールで論理的、とがった耳で冷静なミスター・スポックを愛していた」との追悼声明を発表。米航空宇宙局(NASA)も「何世代もの技術者や科学者、宇宙飛行士のインスピレーションの源だった」と死去を惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月1日のニュース