片岡鶴太郎、書道の手島右卿賞「勢いと独特のクオリティー」

[ 2015年3月1日 05:55 ]

手島右卿賞を受賞した片岡鶴太郎

 創造性に優れた書家と作品に贈られる第10回手島右卿賞(手島右卿顕彰会・高知新聞社主催、共同通信社共催)が28日、タレントで芸術家の片岡鶴太郎(60)とその作品「夜」に決まった。

 片岡は1990年代から墨彩画、2007年から書道に取り組んできた。受賞作について選考委員会は「勢いと独特のクオリティーがある」と評価した。

 表彰式は27日に高新文化ホール(高知市)で。同日から31日までは高知市の高新画廊で受賞記念展が開かれる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月1日のニュース