小向美奈子容疑者 覚せい剤陽性反応 「使用」追送検へ

[ 2015年2月27日 05:30 ]

小向美奈子容疑者

 東京地検は26日、自宅で覚せい剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪でタレントの小向美奈子容疑者(29、写真)を起訴した。

 捜査関係者によると、小向被告の尿から覚せい剤の陽性反応が出ており、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、来週にも使用の疑いで追送検する方針。自宅の捜索では、ガラス瓶などの吸引器具が押収されており、小向被告は使用を認めている。起訴状によると、小向被告は今月6日、東京都渋谷区の自宅で覚せい剤約0.05グラムを所持したとされる。

 小向被告は2009年1月に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕、同罪で起訴され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。11年2月にも同容疑で逮捕されたが、処分保留で釈放されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月27日のニュース