明治「カルミン」100年近い歴史に幕…3月末で生産・販売終了

[ 2015年2月2日 16:01 ]

今年3月いっぱいで生産、販売を終了。100年近い歴史に幕を下ろす明治の清涼菓子「カルミン」

 明治のロングセラー清涼菓子「カルミン」が今年3月末で生産、販売を終了する。1921年(大10)の発売以来、100年近い歴史に幕を下ろす。

 カルシウム入りの白色のミント錠菓(タブレット状菓子)。商品名は「カルシウム」「ミント」に由来する。現在は24グラム(15粒入り)、60円(税別)。かつてイチゴ味を出したこともあったが、生産、販売の終了について、明治の広報部は「売れ行きが低下しているため」とした。

 明治(旧明治製菓)の創業は1916年(大5)。「ミルクチョコレート」の発売が26年(大15)で、カルミンの歴史はそれより古い。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年2月2日のニュース