フジ アニメ「暗殺教室」放送見送り…ナイフ振り回すシーン

[ 2015年1月24日 05:30 ]

 過激派「イスラム国」とみられるグループが日本人2人を拘束し、殺害を予告した事件を受け、フジテレビが、23日深夜に放送予定だったアニメ番組「暗殺教室」(金曜深夜1・20)の第3話の放送を見送った。

 同局広報部によると、放送には登場人物がナイフを振り回すシーンが含まれており「事件が進行している中で、内容がふさわしくないと考えた」と説明している。今後の放送は未定という。

 「暗殺教室」は、謎の生物が担任教師を務めることになった中学校が舞台。地球破壊を宣言している教師を生徒が暗殺しようと奮闘する姿がコミカルに描かれる。生徒がその教師にのみダメージを与えられる特殊なナイフを振り回す場面がある。3月21日には実写版の公開も控えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年1月24日のニュース