ローラ父を起訴、海外療養費詐取の罪

[ 2014年11月13日 05:30 ]

 バングラデシュで診療を受けたと偽り、海外療養費約98万円をだまし取ったとして、東京地検は12日、詐欺罪でタレントのローラ(24)の父親でバングラデシュ国籍の無職ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)を起訴した。

 起訴状によると2007年4月、バングラデシュの病院で診療を受けたとする虚偽の申請書を東京都多摩市に提出し、8月に海外療養費を同市からだまし取った、としている。

 警視庁は今年7月、ジュリップ被告を別の詐欺容疑で逮捕したが、地検は処分保留で釈放していた。地検は「捜査を継続する」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月13日のニュース