声優の井上和彦が退院報告 上行結腸憩室炎で「経験したことない腹痛」

[ 2014年11月13日 11:52 ]

井上和彦

 「美味しんぼ」の山岡士郎役や「NARUTO -ナルト-」のはたけカカシ役などで知られる声優の井上和彦(60)が13日、自身のブログを更新。退院したことを報告した。

 井上は10月31日に体調不良を訴え、上行結腸憩室炎で1~2週間程度の安静治療を要すると診断されと入院。新感覚音楽朗読劇SUPER SOUND THEATRE「Valkyrie~Story from RHINE GOLD~」(11月1~2日、千葉・舞浜アンフィシアター)を降板していた。

 舞台を降板したことでキャストやスタッフファンへ謝罪するとともに「今回はブログやメールでのお見舞いのコメントありがとうございました。嬉しかったです」とコメントに感謝した。

 入院した日を振り返り、「10月31日の明け方、突然今まで経験したことのない腹痛が襲い、救急車を呼びました。病名は上行結腸憩室炎。そのまま入院となりました。こ れ以上悪化させると手術もあり得る。入院が長引けば、更なるご迷惑をおかけすることになる。辛い選択でしたが、医師と相談し『Valkyrie~Story from RHINE GOLD~』の降板をさせていただきました」と経緯を説明。「体調管理には気を使って来たつもりですが、万全ではなかったと反省しています」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月13日のニュース