宮沢りえ「いつもは入れない場所」で大喜びで自撮り

[ 2014年11月13日 18:27 ]

イルミネーション点灯式に登場した宮沢りえ

 女優の宮沢りえが13日、東京ミッドタウンのイルミネーション「ミッドタウン・クリスマス2014」の点灯式を行った。

 「毎年、クリスマスに1度は必ず娘と見に来ます」という宮沢がスイッチを押すと、約2000平方メートルの芝生広場が18万個の青色発光ダイオードを使用したLED電球で彩られた。宇宙空間を表現したもので、「ここって、いつもは入れない場所じゃないですか。だから、すっごくうれしい」と自撮りをするなどテンションを上げた。

 7年ぶりの主演映画「紙の月」では、第27回東京国際映画祭の最優秀女優賞を受賞。公開が2日後(15日)に迫り、「勢いがついた感じですが、公開前にこんなに緊張するのはなかなかないこと。見てもらうことが映画に息吹を与えることになるので、たくさんの方に見に来てほしいですね」と期待を寄せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月13日のニュース