声優の井上和彦、大腸憩室炎のため入院…1~2週間安静、舞台降板

[ 2014年10月31日 20:14 ]

井上和彦

 「サイボーグ009」の島村ジョー役や「美味しんぼ」の山岡士郎役などで知られる声優の井上和彦(60)が10月31日、体調不良を訴えた。上行結腸憩室炎と診断され、そのまま入院。新感覚音楽朗読劇SUPER SOUND THEATRE「Valkyrie~Story from RHINE GOLD~」(11月1~2日、千葉・舞浜アンフィシアター)を降板することになった。同日、所属事務所の公式サイトで発表された。声優の山寺宏一(53)が代役を務める。

 同サイトによると、10月31日早朝、井上は体調不良を訴え、都内の病院へ。上行結腸憩室炎で1~2週間程度の安静治療を要すると診断され、そのまま入院した。

 「井上和彦本人といたしましては、出演を強く希望しておりましたが、医師と協議をした結果、降板の決断をさせていただきました。皆さまに何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げるとともに、ご心配とご迷惑をおかけいたしますことを重ねてお詫び申し上げます」とした。

 大腸憩室炎は便通異常、腹部膨満感、腹痛などの症状が見られる。右側の上行結腸に発症した憩室炎の場合、急性虫垂炎に似た症状のこともある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月31日のニュース