矢口真里「ミヤネ屋」生出演で謝罪「お騒がせして申し訳ありません」

[ 2014年10月23日 14:01 ]

会見で報道陣に思いを語る矢口真里 

 13年5月の不倫騒動から活動を休止しているタレント矢口真里(31)が、23日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)に生出演。「みなさんご無沙汰しております。このたび大変私事でお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 冒頭で謝罪し、司会の宮根誠司(51)、芸能レポーターの井上公造氏(57)からの質問に答える形で騒動や休業中の生活について告白。元夫の中村昌也(28)を傷つけたと反省し、離婚については「すべて私が悪い」と非は自身にあると認めた。

 22日の番組冒頭で、騒動を振り返るVTRの後、宮根が「決定しました、生出演」と正式発表。「矢口っちゃんあしたは軽い感じで来ていただいて」と呼び掛けていた。

 矢口は昨年5月21日発売の週刊誌で、ファッションモデルの男性と自宅マンションで不倫していた現場を、当時の夫で俳優中村昌也(28)に目撃されたと報じられた。同10月の改編期までにレギュラーは全てなくなり、同13日に正式に活動休止を発表した。

 地上波でのテレビ出演は昨年5月21日、名古屋・CBCテレビのローカル情報番組「ゴゴスマ―GO GO!Smile!」以来となる。9月には、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)に、声は拾われなかったが、岡村隆史(44)らと電話で会話する形で“出演”していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年10月23日のニュース