東国原英夫氏 結婚は「今回が最後」…不倫疑惑否定「神に誓って」

[ 2014年10月8日 12:17 ]

「ビタブリッドC」宣伝担当執行役員就任式に出席した東国原英夫氏

 元宮崎県知事で元衆院議員のタレント東国原英夫氏(57)が8日、都内で行われた頭皮・皮膚・美肌用化粧品「ビタブリッドC」宣伝担当執行役員就任式に登場。写真週刊誌に報じられた3度目の結婚からわずか1週間後の不倫疑惑について、あらためて「彼女を女性として見たことない。(不倫は)天地神明に誓ってない」と否定した。

 先月、20歳年下の一般女性と3度目の結婚した東国原氏。「57になって、一人が寂しい。おふくろの介護をしてくれていて、その姿を見たら感動した。他人の介護は大変ですから。それがきっかけでしたからね」と結婚に踏み切った理由を告白。現在は九州と東京の別居婚だが、「昨日も電話で1時間ぐらい話している。今回が最後です。本当に最後です」とここで打ち止めをすることを強調した。

 不倫疑惑報道が出たのは結婚からわずか1週間後だった。相手の女性とは3年前にパーティーで知り合ったといい、「彼女がストーカーにあったのでかくまってあげただけ。彼女のことは奥さんにも説明して知っていますし、納得していると思います」と話した。女性について“ムチムチ”と報じられたことを指摘されると、「ムチムチですよね。彼女を女性として見たことないんですよ。皆さんは絶対にどげんかしたんだろうなと思ったでしょ?本当に何もないんです。ブログが真実です」と不倫関係を完全否定した。今後の浮気についても「神に誓ってないです。天地神明に誓ってないです」を潔白を強調した。

 会見では、報道の件を聞かれる前から、自ら「浮気ですか。もうしましたね」と冗談を言う余裕も。やっぱりしたんですか?とのツッコミには「してないです、失言です」とあわてて否定した。

 東国原氏は9月16日に再々婚するも、今月3日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に、自宅マンションに美女とお泊まりしたと報じられた。同日、ブログで「僕にとって、妹あるいは娘みたいな存在。記事で言うような関係(不倫?)では決して無いことをここで断言しておきます」で不倫関係を否定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年10月8日のニュース