ミキティ、2人目すぐにでも欲しい…次は「女の子がいいな」 

[ 2014年8月23日 05:30 ]

マイホーム購入の夢を語った藤本美貴

 タレントの藤本美貴(29)が22日、都内で行われた住宅メーカーのトヨタホームと育児用品ブランド「アップリカ」とのコラボで開発した住宅「Smilism―赤ちゃん医学から生まれた家―」の新商品発表会に出席した。

 同住宅はアップリカが独自に研究してきた「赤ちゃん医学」と「育児工学」のノウハウをもとに考案されたもの。赤ちゃんの「からだの未熟性」と「心の発達」にフォーカスしている。空間の安全性に配慮し、柱の少ない大空間構造や、転んだりぶつかったりしても優しい、ウレタン素材を使ったヌノカベや、クッション性があるテキスタイルフロアを採用。また赤ちゃんに安定した温度環境を提供するため、廊下や洗面脱衣室まで含めた全館空調を取り入れている。

 現在、賃貸マンションに住んでいる藤本は「マイホームに憧れない人はいない。全館空調なんて夢のような家ですよ。赤ちゃんにとっていい家は大人にとってもいい家。子供の成長に合わせて(内装を)変えられるのもすごい」と、笑顔を見せた。

 2歳の長男・虎之助くんは「やんちゃで走り回っていて、転んだり壁にぶつかったり。ママとして心配」と話しながらも、夫でお笑い芸人の庄司智春(38)も育児に積極的で、「お風呂に入れてくれたり、子供と遊ぶ担当ですね」と充実ぶりを見せた。

 2人目については「絶対にほしい。男の子もかわいいけど、女の子がいいかな。今授かってもうれしい状況。兄弟ができたら子供部屋も欲しいな」と夢を膨らませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年8月23日のニュース