しょこたん感無量「アレが噂のノーバン…生きてて良かった」

[ 2014年8月16日 05:30 ]

広島VS巨人戦の始球式を行った中川翔子

 タレントの中川翔子(29)が15日の広島―巨人戦(マツダ)で始球式を務めた。

 マウンド下から投じた白球は巨人・長野久義の内角をつき、ノーバウンドで捕手のミットへ。「アレが噂のノーバウンドというものかと。私の人生の中に“ノーバウンド”という文字が現れるなんて…。生きてて良かった」と満面の笑み。初体験の始球式に「始球式と1日警察署長はアイドルの憧れ。それが20代最後の年に実現するなんて…」と感無量の表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月16日のニュース