梅田容疑者の鑑定留置認められる…具体的動機はいまだ不明

[ 2014年6月7日 05:30 ]

 岩手県滝沢市でのAKB48の握手会で川栄李奈(19)らが切りつけられた事件で、盛岡地検は6日、殺人未遂容疑で逮捕、送検された青森県十和田市の無職梅田悟容疑者(24)の精神鑑定を実施するため、鑑定留置を盛岡簡裁に請求し、認められたと明らかにした。5日付。期間は6日から7月29日まで。

 盛岡地検によると、梅田容疑者は調べに対し、支離滅裂な受け答えをしているわけではないという。地検は鑑定で責任能力があることを裏付けた上で起訴する狙いがあるとみられる。

 梅田容疑者は岩手県警の調べに「最近イライラしていた。AKBなら誰でもよかった」と供述。一方、具体的動機は明らかになっていない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月7日のニュース