「エンタミクス」第1号表紙は「相棒」&「コナン」コラボ

[ 2014年3月15日 07:16 ]

新創刊されるKADOKAWAの「エンタミクス」5月号表紙

 インドア系エンタメ総合情報誌「オトナファミ」が3月20日発売号の5月号からタイトルを「エンタミクス」に一新、今回は特別に表紙をテレビ朝日系ドラマ「相棒」主演の水谷豊と日本テレビ系アニメ「名探偵コナン」の江戸川コナンでコラボすることになった。

 新誌名の「エンタミクス」とは、エンターテイメントとミックスの2つの言葉からなる造語で、多様なエンタメジャンルから相性の良いコンテンツを組み合わせることで、新たな価値や楽しみ方を提案、発信していく。

 特別コラボの表紙は水谷演じる杉下右京のの「ひとつ、よろしいですか?」と、江戸川コナンの「真実はいつもひとつ!」のお互いの決めポーズを交換した撮り下ろし&描き下ろしのレアショットとなっている。

 リニューアルしたコンテンツは、今春のドラマ、映画のプレビューやスペシャル企画が10本以上入っており、「ぴかぴかクリーナーポーチ」が付録。

 さらに公式サイトが15日にオープンし、今回の新創刊を紹介。小澤繁夫編集長は「第1号の表紙は、国民的名探偵&名刑事のお二人に飾っていただくことができました。エンタミクスではこんなふうに、ありそうでなかった、ちょっとうれしいを企画の大小に関わらずひとつひとつ形にしていきたいと思っています。隣の人に話しかけるきっかけ、家族との時間を作るきっかけとなる、読むことそのものが楽しいメディアを目指します」と力が入っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年3月15日のニュース