×

レオ様 悲願オスカーならず 主演男優賞はマコノヒー

[ 2014年3月3日 13:52 ]

主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒー(右)を祝福するレオナルド・ディカプリオ

 米映画界最大の祭典、第86回米アカデミー賞の発表・授賞式が2日(日本時間3日)、米ハリウッドで開かれ、主演男優賞にノミネートされていたレオナルド・ディカプリオ(39)は、またしても受賞を逃した。

 過去19歳で「ギルバート・グレイプ」で助演賞にノミネート、「アビエイター」「ブラッド・ダイヤモンド」で主演賞の候補となっていたが、いずれも受賞を逃していた。

 ディカプリオは、マーティン・スコセッシ監督の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で主演。弾けた演技でウォール街の伝説的株式ブローカー役を演じており、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞(ミュージカル・コメディー部門)にも輝いていた。

 受賞したのは「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー(44)。エイズに感染した患者を演じるために21キロの減量をしたことでも話題になり、初受賞を果たした。

 ほかの候補者は「アメリカン・ハッスル」のクリスチャン・ベール 、「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のブルース・ダーン、「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォーだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2014年3月3日のニュース