×

ケイト・ブランシェット 3度目候補で初の主演女優賞受賞

[ 2014年3月3日 13:46 ]

アカネミー賞で主演女優賞を受賞したケイト・ブランシェット

 米映画界最大の祭典、第86回米アカデミー賞の発表・授賞式が2日(日本時間3日)、米ハリウッドで開かれ、主演女優賞は「ブルージャスミン」(ウディ・アレン監督)のケイト・ブランシェット(44)に決まった。

 受賞はアビエイターで04年に助演女優賞受賞して以来、主演女優賞は3度目のノミネートで初の栄冠となった。

 同作はウディ・アレン監督による人間ドラマ。ブランシェットは、セレブ生活から転落したヒロインが、華やかな世界への返り咲きを図ろうとする姿を演じた。

 ブランシェットは「アメリカン・ハッスル」のエイミー・アダムス、「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロック、「あなたを抱きしめる日まで」のジュディ・デンチ、「8月の家族たち」のメリル・ストリープと同賞を争っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2014年3月3日のニュース