仙台は第2のふるさと…小田和正、楽天V「涙あふれました」

[ 2013年11月4日 07:23 ]

本拠地開幕戦で始球式を行った小田和正

 東北大学を卒業し、星野監督とも親交がある歌手の小田和正(66)は、楽天初の日本一に「かけがえのない優勝。涙があふれました」と喜びを表した。

 「自分が大学時代を過ごした第二のふるさと仙台へ、この年になって仙ちゃんが楽天の監督で行き、初めての日本一。4月2日のホーム開幕戦で始球式をやらせてもらったことも不思議な縁を感じます」としみじみ。「きょうはきっと日本中の人たちが楽天を応援していたに違いない。雨のグラウンドでみんなと一緒に胴上げしたかった」と胸の内を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年11月4日のニュース