木村多江「こんなことあるある~」9・15放送WOWOWドラマ主演

[ 2013年9月15日 09:57 ]

WOWOWの連続ドラマ「鍵のない夢を見る」の第3回で主演を務める女優木村多江

 WOWOWは15日、連続ドラマW「鍵のない夢を見る」(日曜後10・00)の第3回を放送する。若手人気作家・辻村深月氏(33)の第147回直木賞作品を映像化した1話完結全5話のシリーズ。全編が現代の地方都市の閉塞感を背景にありふれた人々がささやかな欲望と闘いながら、ついに奈落に落ちていくという怖いストーリーになっている。

 3回目は「石蕗(つわぶき)南地区の放火」。演技には定評がある女優の木村多江(42)が孤独だとわかっていてもプライドにしがみついてしまうOL・笙子(しょうこ)を演じた。「笙子のように本音と建て前、顔で笑って心ではそうでないみたいなこと…私も実際にこんなことあるある~と感じながら演じていました」と笙子という女性に共感を憶えた様子で「人間臭さに共感し楽しんで頂けると思います」と作品に太鼓判を押している。

 保険事業を行なう財団法人に勤める笙子(36)は、実家の目の前にある消防の詰め所が放火され、その現場の調査にあたる。そして消防団員の大林(38)と再会する。半年前に役場の合コンで知り合った大林とは、一度だけデートに応じたものの、態度に嫌気がさして逃げるように帰ってしまった苦い過去があった。しかし、この男との再会から、笙子が担当する地域で不審火が相次ぐ。やがて笙子は、自分と会いたいがために大林が仕組んだ放火なのではないかと疑い始めるのだった。

 共演は大倉孝二(39)、南明奈(24)、徳井優(53)、丘みつ子(65)ほか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年9月15日のニュース