嘉門洋子 Eカップ惜しげもなく…フルヌードで濡れ場

[ 2013年9月15日 07:27 ]

映画「出逢いが足りない私たち」の初日舞台あいさつに出席した(左から)内田春菊氏、嘉門洋子、友松直之監督

 女優でタレントの嘉門洋子(33)が14日、都内で主演映画「出逢いが足りない私たち」(監督友松直之)の初日舞台あいさつに登場した。

 原作は内田春菊氏の人気漫画。ネット依存症の女性が、SNS(ソーシャルネットワークサービス)のアカウントを乗っ取られたことから、生活が崩壊していくさまを描く。嘉門は1人2役で、自称イラストレーターのヨシミと、アカウントを乗っ取った謎の女性を演じている。「ちゃんと面白くできる力量が自分にあるか、すごくプレッシャーだった」と苦笑いだったが、友松監督は「嘉門さんは脚本も原作もキッチリ読んでいて、最初の読み合わせのときから、しっかりセリフが入っていた。素晴らしい」と絶賛だった。

 フルヌードの演技もあり、嘉門はEカップ88センチのバストを惜しげもなく披露して濡れ場に挑戦している。「ハダカがするっと見えるよう、特にヨシミの方はオイルをいっぱい塗りました」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年9月15日のニュース