松坂桃李、桐谷美玲らが「軍師官兵衛」で大河ドラマ初出演

[ 2013年8月7日 16:00 ]

NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」新キャスト発表会見で抱負を語る桐谷美玲

 来年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の新キャスト18人が7日、発表され、松坂桃李(24)、速水もこみち(28)、内田有紀(37)、桐谷美玲(23)らが大河ドラマ初出演する。

 豊臣秀吉を支えた軍師・黒田官兵衛(岡田准一)が主人公。松坂は初代福岡藩主となる官兵衛の嫡男・黒田長政、速水は黒田家の精鋭家臣団「黒田二十四騎」の1人で槍の名手・母里太兵衛、内田は織田信長の正室・お濃、桐谷は幽閉された官兵衛に生きる希望を与えた女性・だしを演じる。

 記者会見で、速水は「黒田軍の一員として全力で頑張りたい」と意気込み。内田は「情熱的で、りんとした賢い女性を全身全霊で演じたい」と笑顔で抱負を語った。

 足利義昭役は吹越満(48)、石田三成役は田中圭(29)、明智光秀役は春風亭小朝(58)で、織田信長や豊臣秀吉の配役は後日発表される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年8月7日のニュース