山本太郎氏 離婚理由は多忙「若い女の子が描く結婚生活とはほど遠かった」

[ 2013年8月7日 08:30 ]

 昨年8月に元プロサーファーの女性(20)と離婚していたことを明らかにした元俳優の山本太郎参院議員(38)は、離婚理由について政治活動などで多忙を極めたことを挙げ「1カ月に3回くらいしか家に戻れず、結婚して約1カ月後に“しんどい”と言われた。若い女の子が描く結婚生活とはほど遠かった」と明かした。

 結婚から92日のスピード破局。山本氏が慰謝料200万円を支払う形で協議離婚が成立した。女性は離婚成立後も約1カ月半は同居し、山本氏の母親が女性の新居などを世話したという。

 離婚を公にしなかった理由について、女性の父親が女性の幼少期から虐待を続けていたと主張。「離婚が分かれば義父に連れ戻されるリスクがあった。彼女を守るために言えなかった」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年8月7日のニュース