川越シェフ“騒動”を再び謝罪「叱咤を胸に刻み 激励に甘えず」

[ 2013年6月23日 19:35 ]

「食べログ」発言を再び謝罪した川越達也氏

 テレビでもおなじみの人気シェフ・川越達也氏(40)が23日、自身のブログを更新し、再び「食べログ」発言を謝罪した。

 川越氏は5月13日発売の雑誌「サイゾー」のインタビューで、食べログなどの飲食店評価サイトを「くだらない」と切り捨て、その理由として「年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあると思う」と発言。

 これが同19日にはサイゾーのネット版にも掲載され、川越氏の発言が「低所得者をバカにしている」などとネット上で批判の的となった。

 また、ミネラルウオーターの料金についても「川越氏のレストランは無断で水で800円も取られる」などと非難された。

 川越氏は「この度は全国の皆様に不快感、そしてご迷惑をお掛けしてしまい、心より反省いたしております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「今回のことでいただいた叱咤のひとつひとつを胸に刻み、激励に甘えることなく、少しずつでもまた前に進んでいきたいと思っております」と気を引き締めた。

 さらに「レストランにご来店いただくお客様、商品を手に取っていただくお客様に美味しいものをお届けすること。そしてメディアでご覧になっていただく方々に、少しでも楽しい気持ちになっていただくこと。今、自分ができることに、改めて丁寧に向き合って参ります」と真摯な言葉を重ねた。

 最後は「明日からまた一生懸命やらせていただきます。皆様、どうぞよろしくお願いいたします」とブログを結んでいる。

 川越氏は今月17日にもブログで“騒動”を謝ったばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月23日のニュース