AKB総選挙 カラオケファン“イチ推し”まゆゆ

[ 2013年6月7日 06:00 ]

AKB48の渡辺麻友

 AKB48の第5回選抜総選挙(8日、日産スタジアム)の投票が7日午後3時、締め切られる。これを前に、通信カラオケ「JOYSOUND」を運用する株式会社エクシングは6日、総選挙と連動した予想キャンペーンの中間結果を発表した。

 860万人の「カラオケSNS“うたスキ”」会員を対象に“推しメン”の当日の順位予想を募り、先月15日スタート。今月3日時点までの集計を基に「人気値」「予想値」の上位16位ずつを公開した。応募数は非公表。

 人気値は応募者から最も名前が挙がったメンバーをランク付けしたもの。昨年女王の大島優子(24)を抑え、1位に立ったのは渡辺麻友(19)。前田敦子(21)卒業後、センターとしてフル稼働し、ソロ活動も充実。カラオケファンにもその頑張りぶりが評価されたようだ。

 5位島崎遥香(19)、16位川栄李奈(18)と新世代の代表格が名を連ねたものの、総選挙運営側が発表した速報で1位の指原莉乃(20)は7位だった。

 予想値は「どの順位に誰の名前が最も多かったか」のデータを基にランク付け。「1位になるのは大島だ」と予想した人が立候補者246人の中で最も多かった。昨年17位で選抜入りを逃した高城亜樹(21)は14~16位で最高値を占めるなど、名前が重複。
 
 エクシングによると、予想値でも大島に次ぐ1位予想は渡辺だったといい「ソロ曲も多数リリースするなど活躍を見せる渡辺さんなので、カラオケファンにも新たなるヒロインの誕生を期待する声が高まっているのではないかと考えられます」と分析している。

 ≪的中者1人にサイン入り商品≫キャンペーンは「JOYSOUND」の対象機種でAKBの曲を歌うと、予想の応募が可能。順位的中者から抽選で1人に当該メンバーのサイン入りトロフィーが当たる。64位まで発表されるため計64人が当選。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年6月7日のニュース