小林よしのり氏、さしこ1位阻止訴え「ジョーカーがセンターで踊るなんて」

[ 2013年6月7日 17:18 ]

 AKB48ファンを公言する漫画家の小林よしのり氏(59)が7日、自身のブログを更新、第5回選抜総選挙でHKT48指原莉乃(20)に投票したことを悔やんでいる。

 5月22日の速報値発表前に票を投じたという小林氏は「速報結果を見て、こんなに後悔することになるとは露知らず」と吐露。指原は“推しメン”ではないが「何の気なしに情で投じた票が、こんな恐ろしい結果をもたらすなんて!」と嘆いた。

 指原1位に嫌悪感をあらわにし「ジョーカーがセンターで踊るなんて、縁起が悪い」とバッサリ。48グループにとどまらず「日本に良くないことが起こる」と持論を展開。速報発表以来、国債の金利が上昇し、株価が暴落し、円高になり始めたことを挙げ「ここで食い止めなければ、日本はカオスになる」と訴えた。

 開票を控え「指原莉乃の1位を断固阻止するため」大島優子(24)と渡辺麻友(19)に最終投票をしたことも告白。「まゆゆ!優子!日本を救ってくれ!!」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年6月7日のニュース