清水健太郎容疑者、7回目の逮捕 今度は合成麻薬使用容疑

[ 2013年6月7日 12:51 ]

清水健太郎容疑者

 警視庁渋谷署は7日までに、合成麻薬を使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで東京都台東区寿4丁目、元俳優清水健太郎(本名園田巌)容疑者(60)を逮捕した。

 清水容疑者は過去に覚せい剤取締法違反やひき逃げなどの疑いで逮捕されており、今回が7回目。

 渋谷署によると、清水容疑者は「使用したが、違法なものとは思わなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は5月ごろ、東京都内か近郊で合成麻薬を使用した疑い。

 5月22日午後、東京都渋谷区の路上で、挙動不審に思った警察官が清水容疑者を職務質問。任意で採尿し鑑定した結果、合成麻薬の陽性反応が出た。

 清水容疑者は1976年に歌手デビューし、「失恋レストラン」がヒットした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年6月7日のニュース