瀧本美織 ジブリ初のキスシーンは「すんなり」

[ 2013年6月7日 06:00 ]

スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」で声優を務める瀧本美織と鈴木敏夫プロデューサー

 女優の瀧本美織(21)がスタジオジブリ最新作「風立ちぬ」(監督宮崎駿、7月20日公開)でヒロインの声優を務めることになり、記者会見が6日、都内で開かれた。

 同席した鈴木敏夫プロデューサー(64)は起用について高畑勲監督(77)から「演技力が素晴らしい」との推薦で決まったと説明。アフレコを終え、宮崎監督も演技と声を絶賛していたそうで、瀧本は「良かった~」と喜んだ。零戦を設計した実在の技師、堀越二郎の物語。ジブリ作品初のキスシーンもある。瀧本は主人公の声を務めた庵野秀明監督(53)との収録を振り返り「緊張すると思ったけど、すんなりキスしちゃいました」と照れ笑い。ほかに西島秀俊(42)、志田未来(20)、大竹しのぶ(55)らが声優を務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年6月7日のニュース