江角ショムニ 10年ぶり復活!“同僚”総入れ替えで7月スタート

[ 2013年5月21日 06:00 ]

10年ぶりに復活するドラマ「ショムニ」主演の江角マキコ

 女優江角マキコ(46)が親分肌の破天荒なOLを演じてヒットしたフジテレビのドラマ「ショムニ」が10年ぶりに復活する。水曜午後10時枠の連続ドラマとして、7月にスタートする。

 98年に第1シリーズが放送され、江角演じる主人公ら「庶務二課」の6人のOLが社内の問題をスカッと解決する姿が人気を呼び、最終回の視聴率は28・5%をマーク。「ショムニ」は同年の「新語・流行語大賞」トップテンにも選ばれた。その後、00年と02年にも連続ドラマが制作され、シリーズ化された。

 今回は03年1月放送のスペシャルドラマ「ショムニFOREVER」から10年後の今を描く。退社して消息不明になっていた主人公が、リストラの嵐が吹く会社に戻り、再び「庶務二課」の一員として、ミニスカの制服姿で活躍する。

 編成企画の石井浩二氏は「立場を考えすぎる人が多い今、こびず、ストレートにものを言う主人公の雄姿を届けたかった」と復活の理由を話す。

 主人公がタッグを組むショムニのOL役は、江角以外の5人全員が新メンバー。ネットに詳しいクールキャラをベッキー(29)が、何でもデジカメで撮影する元棒高跳びの選手を本田翼(20)が演じる。ほかに安藤サクラ(27)、森カンナ(24)、堀内敬子(41)が個性的な役どころを演じ、森本レオ(70)扮した課長役は不在になる。

 江角は「OLだけでなく、世の中の理不尽やいじめ、噂話などに耐えている皆さん、平成の無責任女にお任せください」と役柄同様に威勢良く呼び掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2013年5月21日のニュース