森三中・大島 「24時間テレビ」マラソンランナーに

[ 2013年5月11日 23:30 ]

「24時間テレビ36」でチャリティーマラソンランナーを務めることになった大島美幸

 お笑いトリオ「森三中」の大島美幸(33)が、今年の日本テレビ「24時間テレビ36」(8月24、25日)でチャリティーマラソンランナーを務めることになった。

 11日、同局の「嵐にしやがれ」の放送中に発表された。大島は最重量ランナーとなり、「体重は88キロと末広がり、体脂肪は42~3%いくんです」と告白しながらも「こんなこんなデブが走るのかとお思いでしょうが、どうやら走るそうなんです。世界中のぽっちゃりさん、いやデブに力を。、不安ですけど一生懸命が頑張ったらどうなるんだろうと思いました。応援していただけたらうれしい」と決心を語った。

 マラソン挑戦に向けては15キロの減量が求められており、大島は「それも初体験」と緊張した面持ち。

 同番組は今年で36回目となり、昨年に引き続き、今年も「嵐」がメーンパーソナリティーに決定している。大島の決意を聞いたメンバーの大野智は「ちょっと心配ですが、無理せず自分のペースでゴールしてほしい」。二宮和也は「24時間テレビは、できるかできないか、ではなくやるかやらないかです。時間内に完走できなくても、普通にずっと待ってます」とールを送っていた。

 同番組のチャリティーマラソンは、92年から行っており最初の2年間は間寛平がランナーを務め、その後も01年は研ナオコ、07年は萩本欽一、11年はフリーアナウンサーの徳光和夫さん、昨年は格闘家の佐々木健介&北斗晶一家が4人で走った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年5月11日のニュース