寅さんの初代マドンナ 光本幸子さん死去

[ 2013年2月22日 20:16 ]

死去した光本幸子さん

 劇団新派の舞台などで活躍し、映画「男はつらいよ」の初代マドンナを務めた女優の光本幸子(みつもと・さちこ、本名深谷幸子=ふかや・さちこ)さんが22日午後6時10分、食道がんのため東京都台東区の病院で死去した。69歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。施主は次男深谷慶介(ふかや・けいすけ)氏。

 新派の水谷八重子(初代)に師事し、1955年に小学6年生で舞台に。以後、新派の中軸として「伊豆の踊子」などに出演した。

 渥美清さんが主演した映画の人気シリーズ「男はつらいよ」の第1作(69年)で、主人公の寅さんが思いを寄せる帝釈天のお嬢さんを演じた。NHK連続テレビ小説「たまゆら」などテレビドラマにも多く出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年2月22日のニュース