真麻アナ フジ社長と退社について直接話す「惜しい人材だが頑張って」

[ 2013年2月22日 17:21 ]

フジテレビを退社する高橋真麻アナ

 フジテレビの2月度定例会見が22日、東京・台場の同局で開かれ、豊田皓社長が3月に退社する高橋真麻アナウンサー(31)についてコメントした。

 高橋アナについて「アナウンサーはいろいろ個性があると思うが、高橋真麻アナはニュースよりは芸能、バラエティ寄りの才能があったのかなと思う」と話した豊田社長。

 退社についても本人と直接話をしたといい、「本人も芸域を広げたいというか、自分の可能性を広げてみたいということなので、それならがんばったらどうかと思った。大変惜しい人材ではありますが、本人の気持ちが強かったので、それなら頑張ってくださいという話をしました」と報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年2月22日のニュース