「超星神グランセイザー」瀬川亮 元宝塚の松田沙紀と結婚

[ 2012年12月22日 08:01 ]

結婚を発表した瀬川亮

 NHK連続テレビ小説「ファイト」などで知られる俳優の瀬川亮(34)が21日、自身のブログを更新し、元宝塚歌劇団娘役の女優・松田沙紀(32)と結婚したことを発表した。

 瀬川は「2012年、12月19日に、わたくし、瀬川亮は、女優の松田沙紀さんと入籍しました」と報告。「まだまだ未熟な二人ですが、力を合わせ、一歩一歩、歩んで行きたいと思います。これからは、今まで以上に、仕事もプライベートも、謙虚な気持ちを忘れずに、責任を持って行動していく所存です」と気を引き締めた。

 瀬川は03年「超星神グランセイザー」の主役に抜擢され、デビュー。07年にはNHK大河ドラマ「風林火山」、最近はフジテレビ系昼ドラ「赤い糸の女」に出演している。2人は09年、フジテレビ系昼ドラ「夏の秘密」で共演した。

 松田も同日、自身のブログを更新。「ご縁があり、そして、いつも温かく見守って下さった方々のおかげで、結婚に至ったこと、とても嬉しく思っています。夫婦になることは、容易なことではないと思いますが、良い事もそうでない事も、二人で共有して、助け合い支え合いながら共に過ごして行きたいと思います」と喜びをつづった。
 
 松田は1999年、宝塚音楽学校に入学。2001年、宝塚歌劇団に入団。咲花杏の芸名で宙組娘役スターとして活躍し、07年に退団。以後、本名で活動している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年12月22日のニュース