原田芳雄さん一周忌に岸部一徳ら150人

[ 2012年7月16日 06:00 ]

原田芳雄さん一周忌に参列した松尾貴史(左)と原田喧太。原田さんの命日に発売される本を手に思い出に浸った

 昨年7月に亡くなった俳優の原田芳雄さん(享年71)の一周忌法要が15日、東京都港区の麻布山善福寺で営まれ、岸部一徳(65)大楠道代(66)ら映画関係者ら約150人が訪れた。

 長男でミュージシャンの喧太(42)は「まだ、どこで見ているか分からない。変なことはできない」と存在感の強さを強調。葬儀で司会を務めたタレント松尾貴史(52)は「自分のアピールは後回しで、いい作品を作りたい若い人に肩入れした人」としのんだ。命日の19日には未公開写真などを掲載した書籍「原田芳雄 風来去」が発売される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年7月16日のニュース