テレビドラマ番組賞…小泉今日子「現場の気持ちが一つに」

[ 2012年6月23日 06:00 ]

放送文化基金賞贈呈式でテレビドラマ番組の演技賞を受賞した本木雅弘と小泉今日子は、トロフィーを手に笑顔を見せる

 「第38回放送文化基金賞贈呈式」が22日、都内で行われた。テレビドラマ番組賞「最後から二番目の恋」(フジ)で主演を務めた演技賞の小泉今日子(46)は「最近は若い人中心のドラマが多く疎外感を感じていたが、大人が楽しめる番組を現場の気持ちが一つとなってつくることができた」とあいさつした。

 「坂の上の雲」(NHK)で演技賞の本木雅弘(46)は「年を重ねるごと未熟さを感じる。役者はそれをただしていくことが大切。テレビで厳しく育てられていきたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年6月23日のニュース