“21世紀入団組”初のトップ誕生!龍真咲、お披露目

[ 2012年6月23日 06:00 ]

 宝塚月組の新トップスター・龍真咲(りゅう・まさき)が22日、宝塚大劇場で開幕したミュージカル「ロミオとジュリエット」で華やかにトップ披露した。

 龍は2001年初舞台。100周年を2年後に控えた宝塚にあって、入団が21世紀に入ってからでは初のトップ誕生で、披露公演は、シェークスピアの同名原作を現代的にアレンジしたフランス発のロックミュージカル。人気作の再演とあって初日から満員の盛況となった。ロミオ役に扮した龍は、ジュリエット役の愛希(まなき)れいかとフレッシュなコンビぶりでファンを魅了。終了後には「これからも新生月組をよろしくお願いします」とあいさつすると万雷の拍手に包まれた。

 公演は、準トップ・明日海(あすみ)りおがロミオを演じる役替わりもあり、7月23日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年6月23日のニュース