フジ「めざましどようび」曽田麻衣子アナ 皆藤愛子の励ましに…

[ 2012年5月6日 10:30 ]

フジテレビ「めざましどようび」のお天気お姉さんを務める曽田麻衣子

新天気予報の恋人たち

 テレビ番組も新たなスタートとなる春。今年も4月から各局で笑顔がまぶしい新女性お天気キャスターが誕生した。ソフトテニスで全国大会出場、弓道二段、アイドル…など個性豊かな顔ぶれがズラリ。その爽やかな素顔に迫った。

 フジテレビ「めざましどようび」(土曜前6・00)はフリーアナウンサーで、立教大4年の現役女子大生、曽田麻衣子(21)が出演している。

 小、中学校時代にソフトテニスで故郷・島根県代表として全国大会に出場したスポーツウーマン。「ずっと真っ黒に日焼けしてやっていました」という爽やかな笑顔の美人だ。

 この番組でデビューしたばかり。番組終了後に「かんでしまった」などと反省をしていると、司会の皆藤愛子(28)、エンタメコーナー担当の高見侑里(24)らから「大丈夫!すぐ慣れるよ」と励ましの声を掛けられ、「こうした気遣いのできる温かい人になりたい」と実感している。

 「お天気コーナーは生活に密着している。スマッシュを打つように、強調したいところで、言葉にメリハリを付けて伝えたい」。コートに立つような真剣な気持ちでカメラと向き合っている。

 ◆曽田 麻衣子(そた・まいこ)1990年(平2)10月24日、島根県生まれの21歳。立教大現代心理学部在学中。ソフトテニスが趣味。ボランティアサークルなどに所属。身長1メートル59。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年5月6日のニュース