TKO木下の母・定子さん 著書映画化なら「私の役は檀れいさん」

[ 2012年1月29日 06:00 ]

息子であるTKO・木下と、著書「きのったまオカン」出版記念サイン会を開いた木下定子さん

 お笑いコンビTKOの木下隆行(40)の母・定子さん(65)が28日、大阪市内で、著書「きのったまオカン 涙と笑いの半生記」(講談社、税込み1365円)の出版記念サイン会を開いた。

 借金を抱えた中での子育てや、飲食店経営で年商20億円になるまでを書いた笑いあり涙ありの物語。もし映画化されるとしたら?という質問には「私の役は檀れいさんがいいですね」と即答。木下は「そんなん考えてたんかい」と母親にツッコミを入れつつ、「じゃあ、子どもの役は“まえだまえだ”で」とノリノリだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月29日のニュース