PR:

「連続時代劇復活を」京都市などがキー局に要望

 TBS系の「水戸黄門」が年内で終了することを受け、京都府と京都市の幹部が8日、在京キー局のTBS、テレビ朝日、テレビ東京を訪れ、連続時代劇の制作復活を要望した。同日、テレビ東京が時代劇「逃亡者 おりん2」を来年1月から放送すると発表したが、連続時代劇が激減していることを懸念したため。

 京都には多くの時代劇映画やドラマを生んできた撮影所があり、地元の産業とも結び付いてきた。フジテレビと日本テレビも近く訪れるという。

 要望書は山田啓二知事、門川大作市長の連名。時代劇が「日本の文化を世界に発信する上で、非常に有効なコンテンツ」としている。さらに衣装などをつくる職人や撮影スタッフのノウハウ継承には恒常的な制作が不可欠だと指摘。「京都で培われた時代劇づくりを活用し、連続時代劇の制作を継続・復活していただきたい」と訴えている。

 要望書を手渡した京都府の山下晃正企画理事は「海外への展開など、時代劇はテレビ局にとっても、まだまだ魅力的なものになるはず。引き続きお願いしていく」と話した。

[ 2011年11月8日 18:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月19日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル