哀川翔“残留熱望”始球式「野球も横浜の形残して」

[ 2011年9月25日 06:00 ]

<横・広>始球式でストライク投球の哀川翔

セ・リーグ 横浜1-2広島

(9月24日 横浜)
 横浜ファンで俳優の哀川翔(50)が、人生初の始球式を行った。

 88キロの直球がストライクとなり「いい球が放れた。三浦(大輔)が特別にユニホームをつくってくれたし、88キロも末広がりみたいでいいよね」とご満悦。昨季から球団身売り騒動に揺れているが「横浜は撮影を何度もしている場所。野球も横浜という形を残してもらいたい」と横浜残留を熱望していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年9月25日のニュース