アンジェラ・アキ&山崎まさよし“わが心の歌”届ける

[ 2011年9月19日 09:00 ]

ユニクロの新CMに出演するアンジェラ・アキと山崎まさよし

 歌手のアンジェラ・アキ(34)と山崎まさよし(39)が、20日から全国放送されるユニクロ「2011年秋冬シーズン ニットキャンペーン」のCMに出演している。同キャンペーンのキャッチコピーは「ことし、いいセーターに出会ってください」。“心まで暖めるセーターを届けたい”というユニクロの思いを伝えるため、アンジェラと山崎が赤いセーターを着て、それぞれの“わが心の歌”を歌う。

 撮影は300坪(約990平方メートル)のスタジオの真ん中に、グランドピアノ、またはギターとイスのみを置いて行われた。それぞれの楽器を弾き語りするアンジェラと山崎を撮影。広大な空間に楽器以外に何も置かないシンプルなセットにすることで、情感たっぷりに歌う2人の存在感やライブ感が演出されている。

 「アンジェラ・アキ」編ではピアノの弾き語りで、石川さゆりの代表曲「津軽海峡・冬景色」を披露。「わたしが生まれた年(1977年)の歌で、小さい頃、お父さんがよく歌っていたんです。セーターとの相性もバッチリだと思います。何せ冬景色なんで」と選曲理由を説明した。先ごろ妊娠5カ月であることを発表したアンジェラは、これがCM初出演。「最初は違和感があったのですが、最終的にはしっくりきて、凄くうれしかったです」と語った。

 「山崎まさよし」編ではギターの弾き語りで、唱歌「浜辺の歌」を披露。山崎は「昔からずっと歌い継がれている歌の方が、今の自分が歌う曲としてもしっくりくるし、その歌を聴いてくれる皆さんの気持ちにもフィットするのではないか、と思いました」と説明。どこか懐かしく、かつ新鮮な歌に仕上がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2011年9月19日のニュース