新沼謙治 “世界一”の愛妻・博江さん死去

[ 2011年9月8日 06:00 ]

世界バドミントン連盟の殿堂入りを果たし、認定証を持つ新沼博江さんと夫の新沼謙治=2002年11月

 バドミントンの元世界女王で演歌歌手新沼謙治(55)の妻新沼博江(にいぬま・ひろえ)さんが7日午後、がんのため都内の病院で死去した。62歳。岡山県出身。通夜・告別式は親族のみで行う。

 博江さんは、湯木(旧姓=ゆき)博恵として日本女子バドミントン界で一時代を築いた名選手。「世界一のバックハンド」と呼ばれた高度な技術を駆使し、日本女子体育大2年だった69年、当時の女子バドミントン最高峰の大会だった全英選手権のシングルスを初制覇。以来74、75、77年と通算4度優勝した。71年にはダブルスでも優勝。81年に引退した。02年には日本選手で初めて世界バドミントン連盟の殿堂入りを果たし、日本協会の強化委員を務めていた。

 86年に結婚。新沼の地元の岩手県大船渡市でバドミントン好きの新沼を指導したことがきっかけで知り合った。1男1女をもうけ、家族優先の生活を送る一方で、母校の日本女子体育大のコーチなども務めた。7年前に乳がんを宣告され、手術を受けていた。最近、体調を崩していたという。

 新沼はこの日、東北地方で公演中。最愛の妻の訃報を関係者を通じて知ったという。東日本大震災で甚大な被害を受けた地元の復興支援のために5月上旬にチャリティー公演を実施。長男の翔大さんも特別出演し、父親の代表曲「嫁に来ないか」を熱唱。そのステージを博江さんも見に来ていたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年9月8日のニュース