不肖の同級生・桑田佳祐に感謝の勘三郎「でも対談とかはいやなんです」

[ 2011年8月30日 07:11 ]

平成中村座の製作発表を行った中村勘三郎(左)と片岡仁左衛門

 今年1月から突発性難聴で休養し、6月下旬に復帰した歌舞伎俳優の中村勘三郎(56)が29日、都内で今年初の記者会見を開き、 闘病中、昨年7月から5カ月間にわたって食道がんで休業したサザンオールスターズの桑田佳祐(55)から激励の手紙が届いたことを告白した。

 以前、桑田がラジオで「いま一番会いたい人は勘三郎さん」とコメントしたことがあるが、直接顔を合わせたことはない。それだけに、舞台出演をキャンセルし続けて落ち込んでいた3月上旬に手紙が届いたときには驚いた。「内容はちょっと」と詳しくは明かさなかったものの「“ファンだ”と書いてありました」とうれしそうに話した。手紙は「不肖の同級生より」と結ばれており「手紙なんかうまくないけど“誇れる同級生へ”と書いて返事を出しました」と照れた。

 桑田が勘三郎の歌舞伎を観劇しようとしたが、スケジュールの都合で実現しなかったこともあったという。桑田は昨年7月、食道がんで休業。「ショックでした。あすはわが身か、と思っていたら本当に病気になっちゃって」と苦笑した。

 「会おうと思えば、いつでも会うチャンスはあるかも。でも対談とかはいやなんです。ファンだからね」と勘三郎。平成中村座は、11月から来年5月までの興行。「来てくださったらうれしいね」と少年のような笑顔。“桑田効果”もあり、確実に全快へ向かっているようだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年8月30日のニュース