女優との噂で溝?三谷幸喜氏と小林聡美が離婚

[ 2011年5月24日 06:00 ]

1995年10月18日、結婚報告会見する三谷幸喜(左)と小林聡美

 脚本家の三谷幸喜氏(49)と女優の小林聡美(45)が23日、離婚した。

 連名のファクスを報道各社に送付。離婚に至った経緯を「これといったはっきりした理由があるわけではありません。ただ、長く生活をともにしている間に考え方や価値観の小さな違いが積み重なり、だんだん大きくなってしまった」と説明。話し合った結果「お互いへの尊敬を持ち続け、それぞれがより自分らしく生きていくために別々の道を歩むことを決めました」としている。

 三谷氏はこの日、作・演出を手掛けたドラマ「ベッジ・パードン」(6月6日開幕、東京・世田谷パブリックシアター)の稽古に参加。小林も別な仕事をしていたという。2人が会見を開く予定はない。

 2人はフジテレビのドラマ「やっぱり猫が好き」(88~91年放送)で脚本家と主演女優として出会い、95年10月に結婚。舞台関係者によると、結婚10年目を迎えるころから三谷氏に舞台女優との関係が噂されたことがあり、それを耳にした小林との間で溝ができたことがあったという。ただ、今回の離婚の決断との因果関係は不明だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2011年5月24日のニュース