元々リードボーカルだったスーちゃん 伝説の番組で人気爆発

[ 2011年4月22日 07:14 ]

初のミュージカル出演を発表したキャンディーズ(76年3月)
Photo By スポニチ

田中好子さん死去

 70年代に「キャンディーズ」で一世を風びし、その後は女優として活躍した田中好子(たなか・よしこ、本名小達好子=おだて・よしこ)さんが21日午後7時4分、乳がんのため東京都港区の病院で死去した。

 69年に渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。ダンサー集団「スクールメイツ」のメンバーに選抜された。72年にNHK「歌謡グランドショー」のマスコットガールオーディションに伊藤、藤村美樹さん(55)とともに合格。3人組「キャンディーズ」として73年に「あなたに夢中」でデビュー。好子の「好」から“スーちゃん”の愛称で親しまれた。4作目まではリードボーカルを務めた。

 TBS「8時だョ!全員集合」でドリフターズのマスコット的キャラクターになり人気爆発。「年下の男の子」「春一番」などヒット曲を連発した。77年7月、東京の日比谷野外音楽堂で公演中、伊藤が「普通の女の子に戻りたい!」と叫び突然、解散宣言。78年4月、旧後楽園球場に5万人を集めた公演で解散した。

 一時は「普通の女の子」に戻ったが、80年に映画「土佐の一本釣り」で復帰。以後は女優業に専念。89年の今村昌平監督の映画「黒い雨」で原爆症に苦しむ女性を熱演。ブルーリボン賞、毎日映画コンクール、キネマ旬報ベスト・テンなど主演女優賞を総なめにした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年4月22日のニュース