突然すぎる…キャンディーズ「スーちゃん」死去

[ 2011年4月22日 06:00 ]

乳がんのため死去した田中好子さん

 70年代に「キャンディーズ」で一世を風びし、その後は女優として活躍した田中好子(たなか・よしこ、本名小達好子=おだて・よしこ)さんが21日午後7時4分、乳がんのため東京都港区の病院で死去した。

 55歳。東京都出身。午後10時半すぎには、夫で実業家の小達一雄さん(56)が記者会見。92年に乳がんが見つかり、一時は回復したが、今年2月に多臓器に転移したと明かした。

 テレビなどで見せた元気な姿の裏で、長年にわたってがんと闘っていた。乳がんが見つかった92年は結婚翌年。36歳の時だった。その後、何度か再発したが、医師から「心配ない」と言われて放射線治療で対処し、乳房も除去しなかった。

 昨年9月に十二指腸潰瘍で入院。いったん退院したが、今年2月に体調を崩して再入院。十二指腸から大量出血し、高熱が出た。この時、絶食状態が続き、免疫が大幅に低下。その後、がんが多臓器に転移していることが分かった。

 公式ホームページでは今年元日付で、「卯(う)年の今年は軽やかな兎(うさぎ)のごとく長く遠くまで跳ねつづける一年にしたいと思います」と誓っていた。今月8日の誕生日には、多くのファンがホームページの掲示板にお祝いのメッセージを寄せ「皆さんの言葉からたくさん元気をもらっています。皆さんも健康に気をつけて頑張ってください」と感謝の書き込みをしていた。

 ≪30~50歳代多い乳がん≫乳がんは、乳頭から放射状に広がる乳腺や、乳頭につながる乳管などにできるがん。日本では乳がんを患う人が年々増加しており、厚生労働省の統計によると、09年に乳がんで死亡した女性は約1万2000人。患者は30~50歳代が多い。早期に発見すれば治癒率が高く、定期的な検診が推奨されている。

 ◆田中 好子(たなか・よしこ)本名小達好子(おだて・よしこ)1956年(昭31)4月8日、東京都出身の55歳。伊藤蘭、藤村美樹との3人組「キャンディーズ」で73年、「あなたに夢中」でデビュー。「年下の男の子」「春一番」「微笑がえし」などのヒット曲を放ち78年に解散。80年に女優として復帰。89年に主演した映画「黒い雨」で毎日映画コンクールなど多くの映画賞で主演女優賞を受賞。91年に故夏目雅子さんの実兄、小達一雄さんと結婚した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年4月22日のニュース