よゐこ「無人島生活0円生活」にキムタク出演

[ 2010年11月22日 06:00 ]

 SMAPの木村拓哉(38)が23日に放送されるテレビ朝日のバラエティー番組「よゐこの無人島0円生活 2時間スペシャル」(後8・00)にゲスト出演する。

 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(38)と有野晋哉(38)が“謎の巨大船が眠る”とされる無人島で0円生活に挑む。この模様をVTR映像を見ながら、よゐこと木村でトークを繰り広げる企画。
 収録は東京湾で行われた。東京・大森の船宿「まる八」所属の33人乗りの遊漁船を貸し切り、甲板には黄色いソファを用意。仕事の内容をほとんど知らされていなかった木村は「あれ!?乗るの?」とア然。乗り込んだ途端、木村がゲストとは知らずに船内で待っていた視聴者たちは「エーッ?」「キャー!」「ワーッ!」の悲鳴・大歓声を上げた。「選ばれたたった8人の(視聴者の)お客さま。スタジオといいつつ漁船」と、有野がとぼけた解説を入れる。出船し、東京湾の穏やかな波に揺られながら番組は進行。
 VTR映像では、よゐこが毒へびのハブが棲息し、巨大船が眠るという南方の無人島に上陸。自給自足の2泊3日、サバイバル生活を送る。有野は宿となる「優の動く城」を流木などを使って製作。一方、濱口は銛(もり)を手に素潜りでウツボ、タコ、ヤドカリなどを仕留め、食料を調達しながら海底に船を捜す。海賊船?宇宙戦艦?と思いをはせるが、果たしてその正体は…。
 初めは「なんで船の上でVTR見なきゃなんないの?」とあきれていた木村。それでもモニターに映る2人の必死な姿をしっかりチェック。さらに、頭上には羽田から離陸したばかりの飛行機、次第に空を染める夕焼け、そしてライトに浮かび上がる横浜ベイブリッジなど「こんな景色なかなか見られないよ」と海上風景に浸り、ご機嫌だった。最後は、よゐこが木村のために用意したサプライズもある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年11月22日のニュース