宇多田ヒカル“親子関係、金銭感覚を修正したい”

[ 2010年11月22日 06:00 ]

 歌手の宇多田ヒカル(27)が21日、東京・六本木のけやき坂スタジオで行われたJ―WAVE「TOKIO HOT 100」の公開生放送にゲスト出演。8月9日に年内での芸能活動休止を発表して以来、初めて公の場に姿を見せた。

 「人間活動に専念するため」とした休止の真意を詳しく説明。「音楽に専念できるように、15歳から周りが守ってくれるようになり、自分のことが分かってなかった。得意なことばかりやってるとバカになった気がする。50歳くらいになって、マネジャーなしでは何もできない“イタい”オバサンになりたくなかった」と力説した。
 これまでは住居の家賃も知らず、自分がお金をいくら使ったのかすらも把握していなかったという。「イカレてた時期とか、変な物を衝動買いしちゃったりしてた」と、金銭感覚のずれを告白。「光熱費を考えたり帳簿をつけたり、月何万円で生活したり…とか、そういうことからちゃんと考えたい」と話した。
 同様に、父親の音楽プロデューサー宇多田照實氏(62)と、母親で歌手の藤圭子(59)との関係も、通常の親子の感覚とはかけ離れていた。「親とは大事な話をしてない。特に父は仕事の時しか会わないし、そういうのを変えたい」と語った。「親の真実は亡くなってから知ることが多いというけど生きてるうちに知っておきたい。人間活動中の課題」と、ほころびたきずなを結び直す意向だ。復帰時期については「自分のことをクリアに見られるようになってから」とした。
 やや深刻なトークながら口調は明るく、前向きな笑顔も見せた。放送終了後は、報道陣の声かけに「ボンジュール」とフランス語で一言。最近お気に入りの言葉という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年11月22日のニュース