勘三郎&野田秀樹“夫婦”の2人娘をお披露目

[ 2010年7月26日 17:14 ]

NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」に出演する(左から)野田秀樹、ヒロインに決まった太田緑ロランスと黒木華、中村勘三郎

 中村勘三郎が父、野田秀樹が母を演じるNODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」(9月5~28日、東京芸術劇場)で一人娘を演じるヒロインが、応募者1155人のオーディションの結果、太田緑ロランス(29)と黒木華(20)に決定し、東京都内で記者会見した。交互に出演する。

 174センチと長身の太田は札幌市出身で、父がフランス人。早稲田大在学中に初舞台を踏み、舞台や映像作品に多数出演。「楽しみで仕方がないです。けいこが待ち遠しい」と目を輝かせた。

 黒木は大阪府出身で京都造形芸術大3年。同劇場で8月8日まで上演のNODA・MAP「ザ・キャラクター」が初舞台。「(3人から)いろんなことを吸収して楽しい舞台にできたらいいです」と笑顔で語った。

 野田は「ダブルキャストにしようと思い付いた時は良かったけど、けいこ時間が倍かかる」と苦笑。勘三郎は「もしこの芝居に出なくても、どこかで必ず出てくる2人ですよ。こういう人がいるってことを知らせたかった」と太鼓判を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年7月26日のニュース