声優・水樹奈々 5万5千人ライブで感激の涙

[ 2010年7月26日 06:00 ]

西武ドームでスペシャルライブを行った水樹奈々

 昨年のNHK紅白歌合戦に出場した歌手で人気声優の水樹奈々(30)が25日、埼玉・所沢の西武ドームでスペシャルライブ「NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010」を行った。

 雨が降る中でのスタートとなったが「ライブは熱くいくから覚悟しておいてねー!」と絶叫。7日発売のアルバム「IMPACT EXCITER」の収録曲など全26曲を、衣装を6回チェンジして熱唱。テレビ朝日系アニメ「ハートキャッチプリキュア!」で声優を務める「キュアブロッサム」の衣装もあり、約2万7000人は興奮しっぱなしだった。
 声優界のトップアイドルに君臨する水樹が同所で公演するのは、昨年7月に続いて2度目。トークで「西武ドームに帰ってこられてうれしい」と、とびっきりの笑顔を見せた。昨年は1日の公演だったが、今年は24、25日と2日間に増やし計5万5000人を動員。2日間のドーム公演は声優として初の快挙だ。アニメファンの姿も多く見られたが、夏休みに入った中高生の姿もチラホラ。幅広い層から支持を受けていることを証明した。
 この日のドームは水樹のパーソナルカラーの青色に染まった。公演のサブタイトルは「BLUE STAGE」で、販売されたTシャツなどのグッズもすべて青色。客席からは青色のペンライトが輝き、幻想的な雰囲気を醸し出していた。
 アンコール前の最後のトークでは「デビューから支えてくれて、みんな大好きだよ」と目がウルウル。声優界初のオリコンシングルチャート1位に輝いた曲「PHANTOM MINDS」を「みんなに1位を獲らせてもらった曲」と紹介し、感謝の気持ちを込めて熱唱した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年7月26日のニュース